この先

ポイント 貨車

今回の仕事は、とある企業の敷地の中にある施設(わかりにくい表現ですが、これ以上は書けないので、ご容赦ください)での仕事で、その施設で見かけたシュールなものの写真を2枚。

錆びた線路はJRの線路とつながっていたはずです(今は歴とした廃線です)し、貨車も毎日元気に動いていたはずです。この先この線路や貨車が使われることは二度とないでしょう。間違いなく高度成長期の残骸です。こう言う風景を見ると

「この先日本はどうなっていくんだろう?」

と明るい気持になりません。もちろん私が心配してもどうなるものでもありませんし、30年もすれば、私自身もいませんので、心配する意味があるのか?とも思いますが、それでもやはりこの先の日本…心配です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする