流星

真冬の海辺に映った 白く透明な月が

海月に見えた 不思議な夜でした

何度引き裂かれても 遠ざかっても繋がったままの
二人を包む 瞼の奥の宇宙

星屑の中 鏤められた 心が二つ
愛の闇を 駆け抜けてく 想い 流星になり
流れてゆくよ 君のそばまで 消える前に
僕たちは 同じ星座だと 信じて

君より 綺麗な人でも 君より優しい人でも
君には なれないんだ もう誰も

掴めない幻を 抱きしめた胸を刺す痛みが
引力のように 二人引き寄せ合う

まだ 君の中 閉じ込められた いくつもの迷いは
僕の中で 燃やし尽くせる だから もう怖がらずに
預けてほしい

君の嘘に気付くのは 小さな瞳が見開くから
でも 素直さにまだ 気付けないまま

星屑の中 鏤められた 心が二つ
愛の闇を 駆け抜けてく 想い 流星になり
流れてゆくよ 君のそばまで 消える前に
僕たちは 同じ星座だと 信じてるから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. miko より:

    こんばんは。

    素敵な曲ですね。特に歌詞が深くて。

    こんなに愛されたら、女性としてはきっと幸せでしょう。

    お互いがこんな気持ちならなおさらですね。

    • administrator より:

      こんばんは。

      男は基本的に恥ずかしがり屋なので、ここまでのことを口にすることはないと思いますが…

      おっしゃる通り「お互いが」だったら、こんな素敵なことはないと思います。