あのころふたりのアパートは

某アパート

と、同棲をしていたわけではありませんが、今いるマンションに引っ越す前に5年ほど住んだアパートの前を久しぶりに通ってみました。33m2の2K、家賃 45,000円 です。私の一世一代(言葉の使い方が間違っています ^_^;)の大ポカで、自宅を売り払うしかないところまで追い込まれ、ほぼ着の身着のままこのアパートに引っ越しました。元々家や物に執着はありませんが、それでも都内に30坪の土地と上物を持っていましたので、完全に都落ち。誰のせいでもなく、自分が悪いので仕方ないとは言え、さすがにこれ以上なく落ち込み、40代最後の数年は本当に腐っていました。それでも生きていれば良いこともあるもので、体も壊さず今の自分があります。

桜が咲く頃にきっと同じような言葉を口にすると思いますが「あと何回正月を迎えられるのだろう?」と真剣に思うような歳にもなってきました。若い頃は自分の40代、50代なんて想像も出来ませんでしたが、その年代になってしまえばどうと言うこともありません。若い頃と何もかわってない(成長してない?)です(^_^;)

もう少し本当の意味での大人にならないといけません。今日見て来た(おんぼろ)アパートは、それを教えてくれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする