とんかつ

をいただきました。今日は「東京一」と言う人もいる、御徒町(か上野)の「ぽん多 本家」です。写真を見る限り ヒレカツ に見えますが ロースカツ です。ぽん多 でググればいくらでも出て来ますのであえて説明はしませんが、要するにロースの余分な脂を落としてあると言うことですね。つけ合わせのキャベツも注文が入ってから切るようで、水っぽさは皆無、甘いキャベツでした。私はソースも不要(下味の塩だけで十分)で、一気に食べてしまいました(^_^;)このお店に行かれたら、トイレにもぜひ行ってみて下さい。木造りの和式ってかなりめずらしいと思います。トイレットペーパーも四角い(懐かしいぃ!)紙があります。

30年前から蒲田に住んでいましたので、とんかつと言えば「丸一」「鈴文」最近は+「檍」ですが、ぽん多 のようなとんかつも悪くないです。ただ とんかつ=ロースぅぅぅ! と言う方には物足りないでしょう。若い内は丸一の特ロースをお勧めします。

とんかつに限らず、何の料理でも「この店の…」と言う一家言ある方が多いですが、それはあくまでその人の味覚。結局は自分で食べてみなければわかりません。食通を気取ったところで、何の意味もないと言うことに気づかない方が不思議です。食べログのログの数が多いからと言って「それが何?」ですよ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする