3.11

建屋の壁 執務室

の津波が到達した高さを示す表示を、今回の仕事ではあちこちで目にしています。客先の工場が海沿いなので、当たり前と言えば当たり前なのですが、それでもこう言う表示を目にしたり、客先の担当の方と話しをしたりすると何とも言えない気持になります。何を言ったところで、自分で経験していないことなので、なおさら言葉が上っ面を通り過ぎて行くに決まっています。

黙って手を合わせるくらいしかないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする