人間は

無影灯

誰でも知らないうちに他人を傷つけている。存在するということは、誰かを傷つける、ということと同じだ。だから、無意識の鈍感さよりは、意図された悪意の方がまだマシなのかもしれない。このことがわからないうちは、そいつはまだガキだ。

とある小説からの引用(130ページ)ですが、なかなか本質を突いていると思います。他人を傷つけない人間などいません、いくら気をつけていてもです。悩ましいですね…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする