接待

豆水楼

は、されるのもするのも嫌いです。どちらかと言うとされることが多いですが、来週はしないといけません、それも京都で。江戸っ子に京都で接待をさせると言うのは結構つらいものがあります。金に糸目を付けなければ、吉兆や瓢亭にでも行きますが、3人で行ったら20万コース(苦笑)「自分で払え!」とどやしつけられるのは火を見るより明らかです。三嶋亭でもきっと「高い!」と怒られます。豆腐なら松籟庵ですが、あいにくと夜は週末しかやっていません。野むら山荘は遠いし、圓堂もしばらく行ってないので行きたいですが高いし(悩)

で、京都の夏なら川床だ!と言うことで「豆水楼」さんにしました。無事予約も取れて安心です。帰りに「祇園で一杯」と言われたら困るけど(^_^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする