東京 VS 大阪


「大阪恋物語」コブクロ

と書いた時点で、大阪ファンからは 大阪 VS 東京 と書け!とお叱りを受けそうですよね。私は生まれも育ちも東京です。小学校6年の時に神奈川に引っ越して、25の時に都内へ戻って来て50前まで都内に住んでいました。それから神戸に3年半(住民票は埼玉)今は埼玉です。神戸に行くまでは、名古屋あたりから向こうは全部一緒だと思ってました。おそらく関西(大阪だけに限らず)から出たことのない方も同じように思われている部分はあると思います。実はそれって全然違って…住んでみないとわからないものです。

どちらが良いとか悪いとかではないのですが、大阪に直下型の大地震が来ても日本の機能は麻痺しませんが、東京に来たら間違いなく麻痺します。これはどんなに大阪好きな方が、どれほどの演説をぶったところでどうにもならないことです(決して良いことではないですけど)東京と大阪にはそれくらいの差はあります。もちろん文化(食べ物 等々も含め)に関しては、差と言う言葉は良くないですし、比べるものでもないですが、基本的に「あっちは好かん(好かない)!」でしょう。私も大阪(市内勤務でした)では良く言われました、お決まりの

「東京もんは…」

ですね。まあでもそれは仕方ないです。私もニセ関西弁は一切使いませんでしたし、関西独特の「行けたら行く」みたいな言い回しが好きではないですから。江戸っ子は白黒はっきり、宵越しの金は持たない、当たり前です(笑)

でも「東男に京女」とも言いますし(^_^;)ただ、京都の人は関西でもあまり…なので、京女には相手にされないかな(笑)

コブクロの大阪恋物語、すっばらしく良いです。涙腺が緩みそうです、聞いてみて下さい。ここまで思われたら、それだけでもう星を掴まずに星になっても良いです。それくらい女性の気持ちは大きいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする